お礼状について

お礼状をはじめとして、人に手紙を書くことは最近では随分減ってきましたよね。
お礼状に限らず、最近の若い人など、手紙自体を書いたことがないなんて言う人もいるらしく、ちょっとびっくりしたことがあります。
お礼状とかお礼の手紙のようなきっちりしたものではなく、親しい間柄とかであれば最近ではメールや電話で済ませることも多いのでしょう。
ただ、お礼状は電話やメールと違って、手間がかかる分、もらった方は、わざわざお礼状まで送ってきてくれるほど喜んでもらえたかと結構うれしく思ったりするものです。
お礼状を出す機会としては、お中元や、お歳暮をもらったとき、冠婚葬祭などにわざわざ足を運んでもらったとき、また、いろいろとお世話になった方へ感謝の気持ちを伝える時なんだと思いますが、お礼状が送られてきたら、やはりその方に対する評価は絶対上がると思います。
是非お礼状を書く習慣を付けたいものです。

お礼状の書き方

お礼状を書く背景、相手により若干違うと思います。
基本的には時候のあいさつから始まって、というのはお礼状に限らず手紙文のパターンだと思いますが、友人や親しい間柄などでは、まずお礼を書いて、その後、品物をもらった場合であればそのちょっとした感想や、手短に自分の最近の様子、最後にまた遊びに来て下さい等で結ぶのが、一般的でしょう。
その他、上司とか得意先とかお世話になった方などへのお礼状でも基本的な構成は同じで、要は起承転結を考えて書くべきだと思います。
お礼状ですから、そんなに長文にせず、むしろ感謝の気持ちを短めに書き、「まずはお礼まで」などで締めるのも簡単な手で、効果的だと思います。
お礼状を書くのは面倒ですが、ビジネスマンなど、得意先とかへのお礼状などのちょっとした心遣いが随分印象を良い方へ替えてくれることは、良く覚えておいて損はないと思いますよ。

お礼状は時期を失しないのが一番

お礼状を出すとして、一番肝心なのは、お礼状を出す時期を失しないことだと思います。
物をいただいて、またいろいろとお世話になったのに、忘れた頃になってお礼状が来たのでは、逆に、この人は何を考えているのだろう。また物を送ってきてもらった場合とかであれば、その物がきちんと着いているか、相手を不安にさせることもあります。
筆無精には、この時機を失しないでさっさとお礼状を書く、という作業が結構大変なんですよね。まあ、明日でも、と思っていると必ずお礼状を出す時機を失してしまいます。
お礼状は、とにかくさっさと書いて投函しましょう。
お礼状に限った話ではないんでしょうが、人から親切にしてもらったり、物をもらったりしたときの感謝の表し方というのは、その人の人間性が出ます。
親しい間柄であれば、わざわざお礼状を書くより、すぐに電話とかした方が良い場合もありますので、相手との間柄等をよく考えながら、効果的にお礼状を出したいものです。